OpenTTD 4096*4096 2回目

投稿者: | 2024-04-14

OpenTTD 14正式版待機の状態、RC-3からスタートする2回目の4096*4096マップ。だがすぐに14正式版がリリースされて、その環境に移行。
今回は新たにJP+シリーズのNewGRFを多く導入して、前回とは少し違う内容で進行するが、前回のように500年600年、現実時間で半年以上も続けるかは未定である。仕様が変わる新しい版とか、NewGRFの更新などがあれば、適度な時点で開発終了させるかもしれない。

今回のマップの個別の開発方針

  • 4096×4096の最大マップサイズとする。
  • 列車と航空機の保有数は最大値の5000。船舶車両は3000。
  • 初期借り入れ資金は2200万円初期値。
  • 街の名は座標値縦横の半角数字とする。「003245」「317085市」など。特に思い入れするする場合は個別に好きな名を付けても良い。
  • 産業輸送機器の名称は「032245-317108石油#001」形式を基本としつつ出発地のみでいいことにする「032245石油#001」。
  • 新幹線や航空機などは「●●線旅客#000」とし、産業輸送も判別しやすければこれでも良い。
  • 石油油送船は一律「(油田名)油井丸」とする。「046311油井丸#002」のように。
  • 在来線の平均駅間距離は100、新幹線は200で、駅は何れも都市のみ。
  • 駅のホーム・列車長は在来線と貨物路線6、新幹線8、信号間隔は前者8、新幹線と10とする。
  • 航空機の航続距離撤廃NewGRFで、空港間距離の制限は無し。
  • 端部や中央部の都市は大陸間空港を持つことができる。
  • 新幹線はマップ外苑部環状線構築を当初の目標とする。

1920年(開始年)

782万3千人。2200万円が初期値。開始当初に一気に人口は一旦は増える。

1927年

875万6千人。1億3800万円。
当初の人口は思ったほど増えなかった。前回マップより小規模。これまでまだ石炭を6列車で発電所へ輸送する事業のみ。資産も前回の半分ほどで少ない。
収益もまだ不安定であるが、手がける炭鉱輸送をまだ継続的に増やして、安定的な増収となるよう務めたいものである。

1930年

875万8千人。4億6200万円。
人口はおそらく、しばらくは増えない。10年経って、事業はやや安定してきたか。海上油田チェーン構築開始まであと30年。何とかこの調子でいけば十分な資金が調達できると思われる。

1944年

886万1千人。37億4700万円。
資金資産は確実に増加中。旅客列車2、石炭輸送列車は21で、D51に75km/h走行ができるトラ5000型無蓋車で運送中。路線は全て80km/h非電化。最高速度が上回る車両の登場に合わせて路線もグレードアップする。
今後はまだ、産炭量の多い炭鉱からの輸送ルートを構築して、収益の向上を図る。

1950年

893万人。63億4700万円。
旅客事業はほとんど儲けがない。主要産業は石炭輸送である。
この先新車両がどんどん登場するので、最新に置き換えを進めていく。石炭輸送は初期では当初コストの関係から運送する発電所も近距離だったが、もう少し遠い発電所への輸送に切り替えて運送当たりの輸送料をもっと多くするのである。

1958年

907万2千人。112億6100万円。
100億円超えて、これからの海上油田チェーン構築には既に十分な資金が確保されている。
しかし石炭輸送では、まだ高速走行ができる機関車と貨車が登場しないので、まだ線路も80km/h非電化。75km/hのD51が活躍している。

1960年になり、海上油田が登場し始める時点では130億円超えとなった。
タキ30000型は75km/hなので、ELではEF13辺りにまずは牽引の任務を与えるかというところ。しかしもう少し海域の分布など様子を見てからにすべきかは検討中で、1960年すぐには着手できていない。
原木輸送、1箇所を開始。

この時点でOpenTTD 14の正式版がリリースされたので、以降は14で。RC-3からは起動時のスプラッシュ画面、動画が新しくなったのとメニューが正式版用になったのがすぐに気付くところ。

より多く積載できるホキ800ホッパー車が登場したので、トラからこれに更新。しかし同じ列車長だと両数が減るからそんなに変わらないか。

1967年

941万3千人。188億5600万円。
最初の大きな海域海上油田からの輸送ルートを構築。構築まで1年はかかるか。油田数は11。輸送列車編成数は16。
と思っていたらまだ数カ所、同じ水域に油田が出現。
その間に新幹線を1駅分だけ開業。まだ6両編成で1列車往復運行。
85km/h走行ができるタキ43000が登場して、EF81なんかも登場して一気に近代的になっていく70年代に入った。

1980年

1004万2000人。336億3000万円。
まだまだ一つの水域しか開拓していない状態なのに時だけは過ぎ、同じく85kh/h走行ができるホキ8500が登場して、SLは廃止。無煙化してDD51にして、線路も130km/h対応にしたりして、これに何路線もあって36列車全て更新するのに随分時間を要した。
タキ43000への更新は、車両の更新自体は容易いものの、長さ・両数を調整したり塗装モデル(所有運送会社)を統一するのにまた時間を掛けた。

この調子だと、次の海域開拓にもまたそれなりに時間を要することになりそうである。
JP+の車両モデルは、Japansetのそれよりも登場が遅めながらモデルが多く、最高速度など要件にリアリティもある気がする。

1988年

1042万3000人。486億4800万円。
新たな海域二つの油田輸送、商品輸送を開始。ホキ10000への更新を開始。これで石炭輸送は100km/hの運転、いやDD51なので当面は95km/h。

1999年

1091万人。791億6100万円。
石油輸送の収益の伸びというか、輸送量が想定より少ない感じがあり、商品輸送も滞ったりすると都市でも商品受け入れがされなくなって転送荷物として扱われ収益が低くなったりという調整。石油輸送の海域を一つ増やしたが、これも思うほどでもない。
時代は進み多くの車両が使えるようになって、いよいよ110km/h走行ができるタキ1000型が登場したので、それに更新する調整に入ろうかというところ。これに合わせて商品輸送のコンテナ車も110km/h化する予定。

2006年

1121万6千人。1043億1600万円。
コキの更新に時間がかかった。今はタキの更新中。これで110km/hでの輸送ができるようになるが、まだ85km/h列車も混在しているので、全て更新されて安定化するまでには少し時間がかかりそうである。
しかしタキは元によっては色がバラバラなのでこれを修正したい。

2022年

1193万人。1782億5200万円。
ここ10年ほど費やして、一つの水域の石油運送のルート変更を行っていて、その他の開発が全く進んでいない。今回、列車は全て転用、専用の転用線まで敷設して新しい埠頭に回送運行して新たな指令を構築した。

2050年

1319万8千人。3363億3600万円。
幾つかの水域をまとめて一つの製油所へというルート開拓を行い、油井丸タンカー、石油輸送列車、商品輸送列車ルートの開拓を実施している間に、もうすぐ評価年ということになった。もう開発開始から130年も経っているということである。
首都空港はハブ空港で建設しなおしたが、まだ一つの空港への便を運航しているのみ。新幹線はようやく3駅目くらいまで延伸した。このままこれを環状新幹線にするつもりである。車両は早くも最速320km/hのE5系車両で、フルサイズ12両編成に更新した。新幹線はJP+車両で、これだと郵便運送の車両が923系Dr.イエローのしかなく、速度が異なるので一緒に運行できないのである。

2051年

2051年1月の評価画面の所で何故かクラッシュ。新聞画面とランキングが表示されて、Enterキーを押下したところでアプリが落ちてしまった。50年4月くらいからやりなおし、12月の直前にも保存して、1月を迎えるとやはり同様にクラッシュ。
3度目トライして、今度はEnterキーではなく、Spaceキーで抜けると、今度はパスして2051年の画面に到達した。
でも再度その12月保存分からやってみたらEnterキーで問題なく通過。
原因は知らん。

このイベントの時はそういうこともありそうなので、50年12月で忘れずに一旦保存してから続行すべし。
ちなみに、クラッシュするとユーザデータのフォルダにスクリーンショットとかダンプデータ、その時点でのセーブデータが保存されるようだ。

2058年

1358万1千人。3870億500万円。
2050年頃から、石油輸送と商品輸送で複線では手狭と思える区間の複々線化工事を実施。その後は新幹線2駅延伸。

2068年

1412万6千人。4721億5000万円。
石油輸送の対象水域を二つ新たに手がけるだけの10年。
今回のマップ開発では、在来線のホーム長は6で統一。新幹線は8としていてこれまでより長大な編成の列車を運行できる。貨物輸送においては一度の運送量が増大するし、JP+の車両導入でより豊富な選択もできるようになって、さらには何度もOpenTTDで遊んでそのコツみたいなものもだいぶ習得し、効率的な運送ができている分、前回のマップよりはずっと少ない列車数、ずっと少ない開発拠点数ながら、前回マップの同時期にやや及ばない程度の資産形成ができている。人口はずっと少ないが、これはそもそもスタート時点でのマップ人口が少なかったという点もあるし、旅客運送、郵便運送がほとんどできていないという点もある。航空網の開拓も遅れている。

2079年

1472万8千人。5761億8100万円。
大きな水域を二つの埠頭領域に分け、そこから約20列車で製油所までの運送を開拓。
この時点でまだ列車数は290。まだ全然多くない。航空機は僅か6機。船舶は全て石油輸送の「油井丸」でこれが130隻。すなわち採掘している油田数も約130というところ。

2091年

1541万3千人。7037億6700万円。
7000億超え。前回マップに資産額としては追いついたか。
石油輸送ルートを新たに開発。

2112年

1685万8千人。9831億4600万円。
新幹線延伸、環状新幹線の作業にいよいよ本格着手。しかしまだ全体の35%程度か。
前回マップと比較して人口は半分ほど。資金は追いついたのではないかと思えるくらい。

2130年

1811万3千人。1兆2111億円。
1兆超えにはなって前回マップの同年から資産額としては超えている。引き続き環状新幹線を建設中。7割完工するも開業区間は約半分である。車両は100系に戻して運行を開始したが、運行間隔が長くなりすぎる、つまり列車数が少なすぎるのか、大きな赤字。
新たな収益増となる事業を開拓していないので、収益は毎年ほぼ同じで横這い状態。これは環状新幹線完工、本格運行開始まで我慢。

2154年

1998万4千人。1兆5411億円。
環状新幹線は完成したものの、試験運行でDr.イエローを走行させたら反対方向に走っていくので、よく調べたら1箇所線路が接続されていなかった。それを把握するまで数年時間を要した。
さらに、内回り外回りそれぞれ18列車を送出するのにまた数年。最初は始発地首都駅で満量積載にしたが、送出後はUnbunch設定にしたので、そのうち客の有無に関わらず定刻同間隔発車ということに落ち着くのだろうと思う。
しかしまだ年間6億以上の赤字運営である。車両12両は多すぎてコストが嵩んでいるような気もする。

JP+新幹線の新版がリリースされたが、やはりゲーム開始時のNewGRFは変えられないようで、新版のほうで読み込むとエラーメッセージがでてクラッシュの恐れがありますとのことだったので、今回については戻してこのまま。
新版0.5.0で、N7系のDr.イエローが消えて、360km/h走行できるらしい系列のN7が加わったりしているようである。すなわち、新幹線で郵便輸送はできなくなるのかと思ったが、よく見てみるとこの新型車両については0.4.2においても利用できるのでそこは同じだ。
これについてはそのうち実験線を構築して走行試験を行ってみる。

2162年

2070万1千人。1兆6601億円。
人口が思うように増えないのは、超高層ビルが出現しないせいだろうか。JP+のBuildingを使って。尤も、旅客・郵便輸送事業が充実していないという面が大きいかもしれない。

新幹線はやはり赤字続き。多くの油田を抱える水域からの油田輸送事業、商品輸送事業の構築を再開。

2174年

2170万2千人。1兆8321億円。
新幹線の赤字は年々解消へ向かっている。年間5億6億の赤字だったのが、今は1億を切るくらいの赤字になってきた。いずれ黒字へ向かう。車両は0系から300系へ更新して、最高速度は一気に50km/hほども向上。
海域石油輸送チェーンを構築している。

2183年

2257万人。2兆円。
ようやく2兆円超え。
この間は、石油輸送と商品輸送の列車をそれぞれ発地でグループ化。しかし不要な作業だったような気もする。
今後は今まで使ったことがなかったEH型、連接型ELでの牽引を試してみることにして新たな建設の埠頭発列車をそれで構成中。タキ貨車は1両少なくなる。

360km/hのN700S系?車両と、リニア中央新幹線用の車両を実験線を敷設してテスト。新幹線のほうは、この速度に耐えられるような設計の線路になっているので、後後環状新幹線をそれに置き換えるかもしれない。

2197年

2388万1千人。2兆2491億円。
引き続き石油輸送ルートを増開発中。

2202年

2435万7千人。2兆3449億円。
石油ルート開発中。

2206年

2471万7千人。2兆2兆4176億円。
新幹線車両を300系から700系に更新。様子を見てN700系にする予定はある。

2220年

2620万5千人。2兆7349億円。
油田ルート開発を1、2箇所。その後は700系Dr.イエローでの郵便列車運行試験をやってみようと思い立つ。しかしこの列車は240km/hが最高速度。旅客列車は285km/hなので、速度の差が大きく、追いついた列車が減速しなければならず、ダイヤの乱れが発生している。
内回り外回りそれぞれ10列車程度をUnbunchで発車させたが最初の一回りは調整できないので連なって一回りする、今その状態。
おそらく、その後も旅客列車への影響は大きく、年間収益13億程度の黒字にようやく上がってきた新幹線営業が今後どうなるか検証。

新幹線では、JP+の車両はバリエーションも豊富で走行させてみたい塗装モデルもあるので、これの置き換えをどうしたら良いのかと検討中。列車の自動置換では、標準のモデルにしか交換できない。車庫での改造機能は搭載荷物の変更だけで、モデルの変更はできない。
1列車ずつ置き換えるのも時間がかかって大変なので、ここは上記郵便列車の試験送出と同様に、現行体系と同じ列車数を繰り出して1周させ、その後はUnbunch機能で列車間隔を自動調整してもらうのが一番だろうと考えている。
しかしこの調整が済むまでの間は、列車が1年以上来ないとか、そういう時期も生じるかも知れない。内外周り別になっているので、順にするようにしたらそういうことによる不便も解消されるか。

2233年

2757万人。3兆427億円。
3兆超え。内回りに続いて外回りも、300km/h走行ができるN700系と500系Eva編成も含んだ20列車のセットに更新中。
N700系は九州塗装仕様を作っているが、これをコピーしても1両目しか九州仕様にならず、初回の送出の時に手動で編成の塗装変更改造を行っている状況。

2257年

3005万8千人。3兆6205億円。
OpenTTD 14.1がリリース。バグフィクスなどのようで、これはすぐに更新した。
手がけている石油輸送水域のすぐそばに一つだけ別の小さな水域に出現している油田の産油量が35万トン/月と多く、これを逃す手はないと思いながら、列車輸送は困難とみて、埠頭からこのマップ初のトラック輸送を実施。行き先はその近隣の埠頭駅で、ここで積み下ろし、ここからは列車で製油所へ向かわせるのである。

2262年

3070万人。3兆7724億円。
トラック輸送はやはり廃止して、何とか単線の輸送線を構築。近隣埠頭駅に最初は向かわせていたが、直接製油所まで乗り入れられるようにした。単線での膠着が起きないか心配。そういうことが起きない造りにはしたつもりである。

2274年

3198万8千人。4兆739億円。
航空網の整備。今回のGRFでは航続距離が無関係なので、マップ端からマップ端まで、すなわち4096の距離でもフライトは可能。だがそうなると時間がかかりすぎて輸送単価、収入が良くないので、やはり妥当なのは最大でも1000程度の距離へのフライトかもしれない。
今回は定点同志を結ぶ路線にして、連続するようなのはしないでいる。

2281年

3284万2千人。4兆2664億円。
引き続き航空網整備をしている中で、環状新幹線を見ていたら、内回りなのに外回り方向へ走行しているのに気付いた。逆に、外回りでも内回り方向に走行している列車がある。指令が間違っていたのかとそれぞれ見てみると、設定した覚えのない方向へと走行している。じっくりそれをみて、ある拠点駅から引き返して逆方向に走行し、また折り返して出発駅に戻ってきている様子。
経路探索がおかしくなったのだろうかとも思いつつ、更に辿ってみると、引き返しの拠点駅から先に進んでいない。これはこの先の線路の配線か信号、あるいは線路の種類がおかしくなっていて、その方向に走行できないということである。詳しくずっと線路を見ていこうかと進めつつ、922系などDr.イエローを1区間ずつ走行させて、不通区間を探索しなければならないだろうかなどとも考えていた。

だが、やはり新幹線の線路工事はこの先した記憶が無く、構築当初はきちんと内外回って一周できたのだから、やはり最近、その後の工事か何かだろうと思う。橋の架け替えとか、そういう工事もしていないはずと思いつつ、2262年頃に、ちょうど新幹線線路と交叉するように埠頭への単線路線を構築したことを思い出した。
ここは,新幹線の上を道路橋が渡り、その地下をトンネルで単線の在来線、埠頭路線を通した所だった。
思い出したのは、埠頭路線を建設する際に電化路線にするか非電化にするか、線路の工事を転換作業をしていたことで、この際、トンネル部分の転換で、その上の新幹線線路を在来線線路に転換してしまった可能性を思い付き、その場を確認してみると、やはりそこが在来線の線路になってしまっていた。原因はこれである。
再び、その部分の線路を新幹線線路に転換したら、折り返さずに列車は進むようになった。

工事した時期から考えて、おそらく19年間くらい気付かずに、その間新幹線は無駄な走行を繰り返していたと思われる。収益が向上せず、6、7億円程度で停滞しているのはそのせいなのか。
とにかく気付いて修正したので、この先自然に路線が復帰し、Unbunch機能で調整されるまであと数年はかかるが、そこまで待っていれば自然に元に戻ると思われる。

線路の転換は、その上下を通る別の線路への配慮が必要であることはずっと知っていた。トンネルや橋梁の場合は、その最初のブロックだけ指定するのが鉄則なのだが、多分それを気にせず、その上を通過する新幹線線路まで転換してしまっていた。
結果、その少し手前の拠点駅から反対側の拠点に至るまでの5駅分くらいの区間が、その19年間列車が一つも通っていなかったということなのである。

2285年

3332万8千人。4兆3288億円。
昨2284年に本社を移転したら、総資産の1/100が必要なようで、430億円も建設費として計上されてしまった。空港の航空機の離陸空路の真下だったのが何となく嫌で駅に近い所に移転したのだが、これは経費的に大きな痛手となってしまった。こんなにかかる仕組みだとは知らなかった。

航空網においても、周辺部の適当な距離間の都市に空港を設け、環状航空網を形成しようと思い立った。747クラスの大型機なら、1回の満載フライトで5千万円以上の収益を得ることができたりするので、全体収益に大きく貢献できるのではないか。今既に幾つかの空港を設置して航空機を就航させているが、それはそのままにして、環状網を作り、新幹線同様に内回り(反時計回り)路線、外回り(時計回り)路線網を構築するのである。
空港の設置自体は容易く、路線がないので新幹線より整備は容易で、経費もかからないのである。また、就航後は都市の発展も加速する見込みであるから、あまり発展しすぎると今度は今後の石油ルート整備に支障を来すのではないかとも心配はあるが、そこは内陸でも製油所は多くあるので何とかなるだろう。

2293年

3418万4千人。4兆5258億円。
環状航空網を建設中。その間、新幹線の収益が上がらず年間6億程度に落ち込んでいる。原因はおそらく列車の連続発車により後発列車の収益が不十分であること。Unbunch機能がうまく作用していないようなのである。従って、一旦全列車を車庫に回収し、妥当な感覚での再発車、Unbunchを試みる。
これはおそらく、前述の折り返し事故で指令が狂ったことが影響しているように思う。

2307年

3587万6千人。4兆9272億円。
環状航空網における航空機の送出、環状新幹線におけるN700S編成への更新と繰り出しが完了。新幹線網10億以上の収益にはなったが、思ったほどの向上ではない。

2312年

3644万5千人。5兆689億円。
環状航空網に就航させていた航空機を、A350-900からB777-300に更新。塗装もANAに統一。こういう塗装改造は機器の更新だけではできず、1機ずつする必要があるが、グループを一気に格納庫に向かわせる機能があるので、それで各空港の格納庫ですぐ塗装作業をして運航再開。機器の更新もこれだと拠点に戻らない格納庫でも交換されるので早い。
Unbunchがちゃんと働いているのか怪しかった新幹線も、1サイクルなのか2サイクルなのか運行後はその機能が働いているようで、拠点駅で待機をするようになった。

この後は久々に石油輸送を再開するつもりであるが、既に300油田を手がけていると、産油量の少ない油田などが閉鎖してタンカーが迷っていることも増えてきている。警告メッセージをみたらそのタンカーを一旦運航停止にしておいて2年かそこら、適当な期間放置しておく。
その後、船舶の一覧から昨年・今年の収益ゼロの、運航停止船舶を探し出し、その水域へジャンプして表示させると、1、2年で同じ名前で概ね同じ場所に油田が復活していることが非常に多い。この場合は当該タンカーを再びその油田に向かわせるのである。

2344年

4037万7千人。6兆802億円。
4千万人超え。6兆超え。石油輸送ルートをまた構築中。

2357年

4196万2千人。6兆5145億円。
この間は、新しい石油輸送方式を開拓。
今まで、石油も何でも荷物を目的地に輸送したら、その帰りは空荷で戻ってこなければならなかった。これは、基本的に現実の荷物輸送においても同じであるが、空荷の回送運行にもコストはかかるので、非効率な部分もあり、空荷ではなく何らかの荷物を帰りも輸送できれば良いと思う。
石油輸送のタンク車は石油しか運べないが、石油はJP+の車両ではコンテナ車にコンテナ形式で積み込んで輸送することもできる。コンテナ車は、商品も輸送することができる。
つまり、行きは石油を満載して製油所へ運び込み、帰りは製油所で生産される商品を持ち帰れば良いのである。
今までは、石油輸送はタンク車で、商品輸送はコンテナ車だったが、これが一つでできると言うことである。

ただし、製油所は同じ製油所の駅で石油の荷下ろしと生産された商品の積込ができるが、石油を積み込む埠頭駅では都市に隣接していないので商品は受け入れない。商品の輸送先は埠頭駅近辺の都市の貨物ターミナルである。
すなわち、埠頭駅で石油を積み込み、製油所で荷下ろしして代わりに商品を積み込み、商品を受け入れる都市へ輸送して、また埠頭駅で戻れば、回送運行区間は最小で済む。

製油所へ運んだ石油が同量の商品にはならない点だとかも考慮して、埠頭では石油満載、製油所で荷下ろし、一旦車庫に入り商品輸送ができるよう車両改造、再び製油所駅で荷物をあるだけ積載(積み待ち商品の状況によっては満載)して都市に輸送して荷下ろし、そこから回送運行で埠頭の車庫へ戻り、再び石油を搭載できるよう車両改造して、埠頭駅へ向かうというプロセスを指令にしたら良いのである。

もちろんこのことは以前から気付いていたが、そもそもそういう都合の良い車両がJapan Setだけでは無かったのと、ルート構築も必要であるので、実現しなかったのである。
今回試して何とかこれが出来そうなので、そのような運送方式にしてみた。
最高速度110km/hで石油も商品も運送できる。
これの変更作業には色々試行もあってそれなりに時間を要したが、列車編成数が半分で済むので、やはりコストは抑えられると思う。

2377年

4460万5千人。7兆2376億円。
7兆超え。引き続き上記のようなコンテナ車コキ使いでの輸送ルート開発。しかし油田数が多くても産油量が少ないとどうしても上手くいかない。この方法が最善なのかどうかは難しい。
貨物駅が商品を受け入れなくなると、そのせいか製油所での商品の生産量が、同じ量の石油を搬入していても1/10程度にぐっと下がって非効率になってしまうようなことがある。

2392年

4644万4千人。7兆7877億円。
やはりまだ残っている10以上多数の油田がある海域からの輸送ルートを構築していく方が収益につながりそうである。先に開発されたコンテナ輸送方式を主に採用しているが、この方式では、最初から全て構築するのではなく、列車の輸送動向を見ながら商品ルートを構築するので、その辺での不安定要素はある。
全列車をコンテナ型にせずに、近隣別の水域からタンク車での輸送も併用したほうが、帰りの商品便でも満載できる可能性が増える。ただ、タンク車の比率が多ければ、今度は商品が輸送されずに残される可能性もあり、その辺は中々、難しい。要するに、商品輸送の製品在庫に応じた列車数にならない可能性があるということである。

タンク車がない場合は、運び込んだ石油と製品の産出量の比が異なるので、おそらく商品が余るようなことはないが、その代わりに満載して帰る車両が少ない。概ねその比率は2:1なので、タンク車列車がコンテナ車と同量くらいの編成数で、コンテナ車は帰りもだいたい満載で商品を輸送することができるようになると思われる。

すなわち、1水域・1埠頭からのみそこへ搬入する場合は、コンテナ車とタンク車を同量編成数走行させれば、だいたい商品満載で帰れると思われるわけだが、それでもその分タンク車は空車で帰るので、そのコストがかかることを考えると、それでもコンテナ車にしておいたほうが良いのだろうか。

2398年

4727万1千人。8兆353億円。
8兆円を超えた。手がけている石油と商品輸送ルートで、また商品受け入れ拒否が発生。駅には転送荷物として製油所から運んだ商品が溜まり始める。
都市部隣接で駅を設置したのに受け入れなくなるとは一体どういう理由なのか不明。駅の位置をもう少し中心部に近い場所に移設して受け入れ可能状態にする。

しかし駅を増設する形で商品受け入れをさせたため、同じ駅で滞留した商品はしばらく滞留したままで、その滞留が解消するまでは、製油所では受け入れ先のニーズがないものとして商品生産が1/10に落ち込んだままになっていた。